So-net無料ブログ作成
検索選択

馬込文士村・旧内川の道 [散策]

JR大森駅前の池上通りを池上方面に行くと環状七号線との交差点「春日橋」に出ます。ここから環七を高円寺方面に向かうと山本有三・片山広子の「馬込文士村散策のみち」の碑が見えてきます。

#山本、片山.jpg
山本有三・小説家 1887年ー1974年 「女の一生」「路傍の石」「真実一路」
片山広子・歌人、翻訳家 1878年ー1957年 「燈火節」

この二人の碑を右に折れると、旧内川の道になります。旧内川は北馬込付近を水源にした天然の小川で六郷用水や呑川の一部が合流していましたが現在は暗きょになっています。

#旧内川の道.jpg
旧内川の道・この道をしばらく歩くと室生犀星の碑があります。

#室生犀星.jpg
室生犀星・詩人、小説家 1889年ー1962年 「あにいもうと」「愛の詩集」「幼年時代」

さらに細く曲がりくねった道を進むと藤浦洸、榊山潤の碑になります。

#藤浦、榊山.jpg
藤浦洸・詩人 1898年ー1979年 別れのブルース(淡谷のり子) 悲しき口笛(美空ひばり
                       一杯のコーヒーから(霧島昇・ミスコロンビア)など多数の
                       ヒット曲の作詞を手がけました。
榊山潤・小説家 1900年ー1980年 昭和のはじめ馬込に固まり住んだ小説家や詩人らの様子を描いた「馬込文士村」を執筆しました。

                       








タグ:馬込文士村
nice!(30)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 30

コメント 1

mimimomo

おはようございます^^
知らない方もいらっしゃいますが、何だか懐かしい名前が^^
by mimimomo (2016-05-13 07:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: